カテゴリー: 聞いた話

入院なしで術後のケアも楽な長茎術

日本人のペニスの長さの平均は、勃起時に12~3cmです。
これより短いと短小となってしまうわけですが、特に病気というわけではないので特に気にすることもないのですが、胸が小さい女性がコンプレックスを持っている場合が多いように、短小であることにコンプレックスを持っている男性は少なくありません。

短小で悩む場合、長茎術を行ってみるのも手です。
これはその名の通りペニスを長くする手術ですが、ペニスそのものを長く伸ばすわけではなく、体の中に埋まっているペニスの根元を体外に出すことで長く見せます。
長茎術には簡単なプチ手術からメスを使った本格的な手術まであり、好きな方法を選ぶことができますが、入院の必要はなく、術後のケアもほとんどありません。
手軽にできる手術だと理解して良いでしょう。

実際、長茎術は若年層はもちろんですが、中高年の方からも行う人が増えていると言います。
中高年の場合、いわゆる中年太りによってペニスがお腹の中に埋もれてしまったのが原因のようです。若いときはもっと長かったはずなのにと感じていることでしょう。
なお症状によって改善できる効果に違いがありますので、まずは医師と相談してみると良いでしょう。

長茎術に痛みは伴うもの?

ペニスが小さくて人に見られるのが恥ずかしいという意識は男性としての自信をもてないため、深刻なコンプレックスと言えるでしょう。
そのようなペニスを大きくしたいという思いや皮余りの包茎を治したいなどの思いを持っている方にはぜひ「長茎術」を考えてみることをおすすめします。
その名前を聞いてどんな内容かご存知の方は少ないかもしれませんが「長茎術」を行うとペニスの長さを2から8センチメートル程度長くする効果を期待することができます。
つまり、ペニスを大きくする非常に有力な方法と言えます。
一方で「手術」という表現ゆえに術後や後遺症への不安、そして特にデリケートな部分の手術ゆえに「痛み」に対する不安を感じている方は多いのではないでしょうか。
そんな痛みをイメージする方が多いかもしれない本手術ではありますが実はそのような心配はほとんどの場合で必要ありません。
これは、手術中はしっかりと麻酔を使用してもらうことができるためです。
それゆえに痛みに苦手意識がある方も不安を感じることなく受けることができます。
なお、術後についても数日間人にとっては軽い痛みを感じることもありますが数日も経てば治まるのでそれほどの不安を感じる必要はありません。

長茎術にかかる料金とは?

多くの包茎クリニックで行われている「長茎術」に興味があるもののかかる費用への不安からその一歩を踏み出せないでいる方も多いことでしょう。
実際にインターネットでその体験者の声を調べてみると「数百万円も請求された」という声や「術後にいきなり聞いていた請求額の倍額以上の高額費用を請求された」という世にも恐ろしい体験談を見かけることも事実です。
しかし本来であればそのような費用がかかる手術では「長茎術」はありません。
一般的にその手術内容はメスを使用する、つまり切るか切らないかによって大きく2つに分類することができ、どちらかというと術内容が複雑になる「切る」作業のある手術のほうがかかる料金は高くなるのが一般的です。
ただしどちらの術式を選んだ場合でも数十万円、高くとも40から50万円ほどで十分に品質の高い手術を受けることができるはずです。
なお、その詳細なかかる費用は利用するクリニックにより異なってくるので手術を受ける際には信用できるクリニックを利用するのが良いでしょう。
特に実績豊富な大手美容・形成外科クリニックを選ぶこと、事前に丁寧なカウンセリングに基づく費用の見積もりを提示してくれるところを選ぶようにするのがおすすめです。

長茎術の中でも人気の切らない長茎術

長くてたくましい陰茎は、男性としての自信を高める大切な部分です。
長さに不満やコンプレックスがある人に人気がある長茎術の中でも、特に注目されているのが切らない長茎術です。
もともと、ペニスは体に埋まってしまっていて見えない部分が多くあります。
切らない長茎術では、体内でたるんでいるペニスの余剰部分を引き出すことによって、個人差はありますが通常の状態でも3センチメートルから8センチメートルほど長くすることができるため、たくましさを引き出すことができるのです。
切らない長茎術では、長さを引き出しながらも、皮がのびることはないため包茎の改善にも効果が期待できます。
成長が途中で止まり、皮が余っている人におすすめの施術で、サイズアップと皮の余りを軽減できるメリットがあります。
下腹部に埋もれている陰茎海綿体を外部に引っ張り出し、糸で固定しておくだけの簡易的な方法で、女性の一重まぶたを二重まぶたにするプチ整形と同じような種類の方法です。
糸が切れたり、体型の変化などで効果が消失してしまうことはありますが、体に傷跡がほとんど残らず、切る長茎術と比べると費用や体への負担が少ないと言われています。
切らない長茎術は、適用できる場合とできない場合があるので、専門のクリニックでドクターに相談することが必要です。

長茎術を得意とする専門クリニックがあります!

男性自身の大きさや長さに悩む方は多く、もしかするとほとんどの男性がそうかもしれません。
自分自身に対して自信があるという人にはいまだかつて出会ったことがなく、温泉やトイレ等でも隠すようにしている人がほとんどです。
またそれが原因で女性と付き合うことに対し大きな壁になっているという人も中にはいるようです。

しかし包茎手術などのように、かつて不可能だったことの多くが現在可能となっており、男性自身をサイズアップすることも該当します。
特に長茎術は比較的簡単な施術で行うことができ、さまざまな施術法がクリニックなどのサイトで紹介されています。
メリットやデメリットなども紹介され、参考費用も掲載されていますので自分に合った施術法が検討でき、男性専門サイトの口コミなどでも施術中のこと、後のことなどの記載があって参考になることが多いです。

口コミを見ると、施術そのものは麻酔などを使用することから痛みを感じることは少ないようで、術後の抜糸や術部の環境による痛みや違和感があることが多いようです。
そして多くは徐々に慣れていき、もっと早く施術すれば良かったという感想に繋がるようです。
長茎術の経験が多くあり、専門クリニックと言っても良いような病院もありますが、長茎術の多くは保険適用外で、自由診療となりますからドクターとカウンセリングを十分に行い、納得した上で長茎術に臨むようにしたいものです。