長茎術に痛みは伴うもの?

ペニスが小さくて人に見られるのが恥ずかしいという意識は男性としての自信をもてないため、深刻なコンプレックスと言えるでしょう。
そのようなペニスを大きくしたいという思いや皮余りの包茎を治したいなどの思いを持っている方にはぜひ「長茎術」を考えてみることをおすすめします。
その名前を聞いてどんな内容かご存知の方は少ないかもしれませんが「長茎術」を行うとペニスの長さを2から8センチメートル程度長くする効果を期待することができます。
つまり、ペニスを大きくする非常に有力な方法と言えます。
一方で「手術」という表現ゆえに術後や後遺症への不安、そして特にデリケートな部分の手術ゆえに「痛み」に対する不安を感じている方は多いのではないでしょうか。
そんな痛みをイメージする方が多いかもしれない本手術ではありますが実はそのような心配はほとんどの場合で必要ありません。
これは、手術中はしっかりと麻酔を使用してもらうことができるためです。
それゆえに痛みに苦手意識がある方も不安を感じることなく受けることができます。
なお、術後についても数日間人にとっては軽い痛みを感じることもありますが数日も経てば治まるのでそれほどの不安を感じる必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です